そもそも育毛剤と発毛剤の違いって何?

得られる効果が大きく違う

育毛剤と発毛剤は、同じようで得られる効果が大きく違います。 育毛剤は、髪の毛を育てるために必要な環境を整える効果があります。血行促進効果や、頭皮の炎症を抑える効果など、髪の毛に直接ではなく間接的に効果を与えて育てるようになります。 発毛剤は、抜け落ちた部分に髪の毛を取り戻すための効果があります。毛母細胞に直接働きかけるようにして発毛させようとしているため、育てるのではなく生み出す力がある商品です。 育毛剤は、薄毛改善よりも予防に効果的となり、発毛剤は予防よりも薄毛改善に効果的となるので、元々目的そのものが異なると理解しておきましょう。 自分の髪の状態を見て、育てるほうが良いのか、それとも生み出すほうが良いのかを判断してください。

購入の仕方にも違いがある

育毛剤と発毛剤で様々な違いがありますが、大きく違う点の一つに購入の仕方があります。
育毛剤はネット通販で手に入れやすくなっていて、誰にも知られることなく育毛剤使用を可能としています。
しかし発毛剤は、ネット通販では手に入れにくく、薬剤師がいるドラックストア、もしくは処方箋で購入となります。
なぜここまで違うのかですが、それは医薬品なのかどうかが関係しています。
強い力を持っている商品は、副作用も強くなり、医薬品として登録されます。
育毛剤は、医薬部外品の商品が多いので、薬剤師がいなくても購入することができ、ネット通販でも手に入れやすいです。
しかし発毛剤は、強い力を持っていて医薬品として登録されている商品が多いので、育毛剤に比べて手に入れにくいです。
育毛剤はサプリに近く、発毛剤は薬に近い物と解釈するのも一つの手です。