たばこやお酒は薄毛に関係あるのか?

たばこと薄毛の関係は?

たばこによる薄毛との関係性は、結論から記載すると「あり」です。たばこにはニコチンとタールが含まれています。ニコチンは脳の中枢神経に作用して興奮物質となるドーパミンが分泌され、気分が高揚して頭が覚醒します。これが、ひとときのリラックスタイムとなるわけです。しかし、ニコチンにはもう一つの作用が有り、交感神経の働きを活発にするのです。交感神経が活発化すると、毛細血管の収縮により筋肉の緊張が起こり、血管が収縮し頭皮への栄養不足を招きます。また、ニコチンを分解するには大量のビタミンCを消費します。ビタミンCは、皮膚の健康状態に大きな関わりがありますので、ビタミンCが不足すると頭皮の状態も悪化し薄毛の原因になってしまいます。

お酒と薄毛の関係は?

お酒についても、結論から記載すると薄毛の原因となります。お酒に含まれるアルコールは中枢神経の働きを鈍らせてしまうため、大量に飲み続けると中枢神経の麻痺により心肺機能が低下し頭皮への栄養不足となり薄毛につながります。また、アルコールは肝臓の機能を低下させてしまうため、血液の質が悪くなり髪の成長を遅くしてしまいます。更に、アルコールは体内に吸収されるとアセトアルデヒドに変換され、薄毛の主原因となるDHTを増殖させてしまします。DHTは男性型薄毛原因となるホルモン物質で、髪を作る毛母細胞を攻撃する作用があります。なお、お酒を飲む時にはおつまみにも気をつける必要があります。アブラっぽいものばかり食べていると血中コレステロールが上昇し、頭皮に届ける血液循環を鈍らせ薄毛を誘発します。